資料の紹介

 今日の顧客はシームレスに連携するオンライン体験を求めている。そのために必要なのは、高パフォーマンスで24時間365日稼働するアプリケーションとWebサイトだ。なんらかのインシデントが発生した場合、IT部門はその原因を突き止め、ビジネスや顧客に大きな影響を及ぼさないように、できるだけ短時間で問題を解決しなければならない。

 しかし、従来のIT監視アプローチは、手作業に依存したリアクティブ(事後対応的)なものだった。アプリケーション、クラウド、ホスト/OS、モバイル、データベース、ストレージなどサイロ化したデータソースで、それぞれの業務フローに従って対応していたため、非生産的で時間がかかり、顧客体験の悪化につながることも少なくなかった。

 本資料で紹介するのは、障害の発生を予測し、前もって必要な措置を取っておくことで、社内のSLA(Service Level Agreement)をより安定的に遵守できるようにするというAI(人工知能)活用ソリューションだ。一貫した顧客体験の提供に加え、障害検出、問題への対処に必要な手作業を削減できるので、リソースをより戦略的な業務に回せるメリットもある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。