資料の紹介

 労働者人口の減少に伴う人手不足や働き方の変化など、製造業の多くが抱える課題の解決に向けてIoT(モノのインターネット)の導入が進んでいる。ただ実際に運用してみると、既存システムとの連携や機器の接続がうまくいかないことがある。その結果、想定していたほどの効果が得られないどころか、システムが複雑になりさらなる課題を抱えることもある。

 こうした課題を解決する近道は、統合されたプラットフォームを導入して一元管理することだ。“物理的なモノの世界”と“デジタルの世界”をうまく融合することができれば、機器から得られるデータに基づいた生産性改善や保守性向上が可能になり、人手不足の解消や働き方の変化への対応に結びつく。

 本資料では、主に製造業でIoTを導入する際に押さえておきたい5つのポイントを解説するとともに、フランスのエアバス(Airbus)、国内の大手自動車部品メーカー、建設機器メーカーの導入事例を紹介する。統合プラットフォームの導入によって、生産過程におけるトレーサビリティーの確保や、保守作業員のトレーニングコストの削減などを実現したという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。