資料の紹介

 ITシステムとビジネスが緊密に連携する現在、高い可用性と安定した性能を確保するためにはどうすべきか。予防策として、日常的に自社システム全体の健全性を時系列で把握することが挙げられる。これらの健全性を可視化する方法としてメトリクス分析が一般的だ。

 メトリクス分析による管理を成功させるには、データを収集して可視化し、異常時にはオペレーターに警告できるような統一監視システムが必要となる。だが現実には属人的な監視運用に陥り、障害調査に必要な情報が可視化・共有されていないことが多い。ユーザーや顧客からの連絡で障害が発覚することもある。結果、担当者間で情報が錯綜してしまい、原因特定に時間を要するケースもしばしば見受けられる。

 本動画で紹介するのは、こうしたトラブルを避けるためのメトリクス分析の手法である。実際の統合管理ツールを動かしながら説明するだけに理解しやすい。例示しているのはクラウドでの監視運用だが、オンプレミス、仮想化など環境を選ばないのが特徴だという。自動的にITシステムの最新状況を把握し、継続的なサービスを実現するとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。