資料の紹介

 企業のビジネス活動の多くはITシステムに依存している。システムに障害が発生してサービスを提供できなくなると、ビジネスの機会損失を招くだけでなく、顧客体験を損ない、企業イメージに多大な影響を及ぼす可能性がある。そのためIT部門は、できる限り迅速に問題を解決する必要がある。

 しかし、ITサービスはアプリケーションやミドルウエア、インフラに支えられており、それらは複雑に関わり合っている。そのため、障害が発生時に影響範囲や根本原因を迅速に把握することは非常に困難になっている。各種のログやメトリクスデータがサイロ化されている場合には、その困難さは一層増す。

 本動画では、「ビジネスサービス」の観点でITシステムをモニタリングすることで、障害検知の迅速化、障害切り分けの効率化、業務への影響の事前回避などを可能にする統合データ管理プラットフォームについて、デモ動画を交えて紹介する。統合されたログ管理により、サービス全体を管理・可視化し、サービスの継続稼働を実現する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。