資料の紹介

 AI(人工知能)技術の将来については、人間を超える“超知能”とまではいかないにせよ、「人間の仕事の多くがAIに奪われてしまう」といった通説が、まことしやかに語られている。しかし、AIは今のところ、情報を適切に組み合わせて思考し判断を下すという能力においては、到底人間に及ばない。

 とは言うものの、記憶容量や計算速度などで人間を凌駕するコンピュータに学習というエッセンスを加えたAIは、現時点でも、ビジネスの様々な場面で強力な助っ人となる。ただし、AIはデータが無ければ何もできない。AIに正しい予測結果を返させるには、正しいデータを、正しいやり方で集めて正しく蓄積し、適切に学習させる必要がある。

 本資料では、営業担当者、マーケティング担当者、サービス担当者、人事担当者のそれぞれの業務視点で、AIにできること、AIにやってもらえそうなことについて説明する。さらに、ジュピターテレコムをはじめとする企業3社におけるAI活用事例を紹介し、AIのビジネス活用の今後についても触れている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。