資料の紹介

 昨今、Microsoft Office 365を導入する企業が急増し、最も人気のあるSaaS(Software as a Service)の一つとなっている。しかし、インターネット接続の品質が悪かったり、通信の混雑が発生したりすると、アプリケーションのパフォーマンスが低下する。ユーザーの生産性が落ちる原因となるケースもある。

 パフォーマンスが低下する要因はいくつかある。まず、ユーザーとOffice 365クラウドの間にはネットワークがあり、その経路の長さや回線の品質が各ユーザーで大きく異なる。自社のデータセンターを通るように通信トラフィックをルーティングした結果、遅延と通信の混雑を招く場合もある。アプリ上で扱った大容量ファイルがネットワークを逼迫し、転送速度を低下させることもある。

 本資料では、増え続けるモバイルワーカーのためにSaaSのパフォーマンスを保証しつつ、クラウド移行をどの様にIT部門が管理すべきかを説明する。運用コスト削減やSLA(サービスレベル合意)を実現する手段として、SaaS高速化ソリューションについても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。