資料の紹介

 クラウドが定着し、企業は新たなサービスを導入するときだけでなく、オンプレミスで利用してきた業務アプリケーションもSaaS(Software as a Service)型のクラウドサービスへ切り替えるようになってきた。しかし、SaaSを利用するにあたり、現状の企業におけるネットワークの構成には問題がある。

 日常業務で使っているアプリケーションをSaaSに移行すると、SaaSベンダーのデータセンターへの通信が集中して発生することが多い。これによって帯域が逼迫し、距離遅延が生じると、従業員の生産性を低下させることになる。Microsoft Office 365への移行やBoxなどクラウドストレージの活用が進んだ企業では、すでにこうした問題が顕在化しつつある。

 本資料では、グローバル展開する企業でも快適にSaaSにアクセスできるようにするためのWAN高速化ソリューションを紹介する。通信の両端に専用の装置を置き、3つのアーキテクチャを使って通信時の無駄を省き、アプリケーションが早く次のアクションを取れるようにすることで、体感速度が上がり、高速化を実感できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。