資料の紹介

 自動運転車の開発が加速している。現在は、車間距離や走行速度の制御など、運転操作の一部を自動化する運転支援機能の導入が進んでいる。重大な自動車事故の94%は、スピードの出しすぎや注意散漫な運転などの人的ミスが原因とされており、自動車事故の減少への期待も高い。

 自動運転車が進化し、運転操作をすべてシステムに任せる“完全な自動運転”が可能になれば、自動車の利便性は格段に向上する。例えば高齢者や身体の不自由な人の移動手段を確保できる。無人タクシーなど、新しいビジネスチャンスも生まれるだろう。しかし、普及へのハードルは高い。こうした完全な自動運転については、ドライバーの73%が「心配で乗れない」と回答したという米国の調査報告がある。

 本資料では、完全な自動運転車の実現と普及のために必要な技術について解説する。車両の周囲の情報を収集するためのセンサーや、その情報を周囲と交換するための通信技術について分かりやすく説明する。そして、ドライバーや社会から受け入れるために必要な、安全性と信頼性を確保するためのキーテクノロジーを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。