資料の紹介

 工場やプラントに忍び寄る老朽化問題。設備の保守管理は急務の課題だが、労働人口減少による人材不足の中で、従来と同じように人手に頼ることはできない。また、保守管理に費用と時間をかければ設備の故障による生産性低下のリスクは抑えられるが、保守コストが重荷になる。

 このような課題の解決策としてデジタルトランスフォーメーション(DX)への注目度が高まっている。現場環境や機器のデータなどから集めたデータを上手に活用することによって、保守管理全体の最適化を図る。限られた人員を効率的に運用しつつ、熟練技術者の技術も伝承していく。保守コストについては、財務上の運用リスクと安全リスクのバランスを取り、データから最適解を見つけ出す。

 DXの効果は保守管理だけにとどまらない。設備の設計・構築から運用に至るまで、様々な場面で効率化を図ることができる。本資料では、工場やプラントのDXとそれを支援する製造向けデジタルプラットフォームについて、「操業状態の監視」「設備資産の運用」「トレーニングとリモートサポート」など5つの切り口から説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。