資料の紹介

 少子高齢化などで人手不足が深刻化する中、企業は生産性を高める必要がある。人手不足を補うには、多様化するワークスタイルに対応する働き方改革も求められる。一方で、組織力の強化も重要な課題だ。

 こうした要求に応えるには(1)様々なムダを省く、(2)情報共有を強化、(3)アラインメント(整合性、連携)の達成といった3つのアプローチが欠かせない。しかし、日常のコミュニケーションがメール中心である限り、その達成は難しい。メールは当事者同士しか閲覧できない閉ざされたコミュニケーションツールであるからだ。

 本資料では、昨今話題となっているビジネスチャットの全体像を紹介する。会話やファイルなどを一元管理し、必要な情報をすぐに見つけられるため、メール依存から脱却して新しい働き方を実現するツールとなる。資料内では代表的な機能や導入効果も解説し、前述した3つのアプローチを達成する方法を示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。