資料の紹介

 生産管理や顧客管理システムなどへの入力データを作成するための“サブシステム”という位置づけでExcelを使っている企業は多い。かつての担当者が作ったExcel VBAアプリケーションなどが、その内部ロジックを誰も理解していない状況で使われ続けているケースもよく耳にする。

 人手不足や働き方改革への対応など、生産性向上は企業にとりいまや喫緊の課題だ。この課題の解決に有効な手段の1つが、ExcelやAccessで開発した“レガシー資産”で実行していた処理をWebシステム化することである。しかし、Webシステムの開発には一般に、大きな予算と開発期間が必要だった。

 本資料では、生産管理や受注管理システムなどの基幹システムではカバーできず、ExcelやAccessを使わざるを得なかったデータ処理をWebアプリでシステム化するための開発ツールについて、実際の事例を基に解説する。Excelと同様の感覚で自由度の高い画面作成が可能なこと、既存システムとのデータ連係が容易なことを特徴として挙げている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。