資料の紹介

 自動車の世界に、インターネットと常時接続して様々なサービスを提供する「スマート化」の波が押し寄せている。大量のセンサーによって情報を収集し、他の自動車や信号機、インターネットやGPSなどと高速で通信する「スマートカー」の開発が進んでおり、その機能や構造は今後さらに複雑になることが確実だ。

 スマートカーのように電気的にも構造が複雑な製品の開発で、もし製品設計の終盤の法令適合性試験で基準を上回るノイズや不正な電圧波が発生すると大変だ。後戻り工程により開発日程が遅延し、多大な収益損失が発生してしまう。これを回避するためには、設計初期段階から、高い電源品質を確保できる製品設計、ボード設計、テスト設計を行う必要がある。そのためには、設計初期から潜在的な電磁干渉や法令適合性を予測できるシミュレーションツールの導入が有効だ。

 本資料では、レイアウト設計前からの電磁解析を支援するシミュレーションツールとそれを活用した測定、解析手法を紹介する。従来のデータシートの情報に基づく設計では気づかない複雑な挙動を動的にシミュレーションすることで、課題を設計初期段階から特定し、軽減することができる。

●本資料は英文となります。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。