資料の紹介

 市場を牽引する企業は、パフォーマンス、拡張性、可用性に優れた顧客満足度の高いデジタルサービスの提供に日々邁進している。このようなサービスの多くは、主要なクラウド上で動くアプリケーションによって実現されている。

 このようなアプリケーションは世代交代や開発のスピードが速いため、従来の監視や問題解決、セキュリティ管理のソリューションでは十分に対応できない。これらを開発から運用まで一貫して効率よく管理する手段として、クラウドネイティブの監視・分析プラットフォームが望まれる。

 本資料ではまず、大規模かつミッションクリティカルなアプリケーションをクラウドで稼働させている2000社以上の実稼働データを分析し、利用クラウドやIaaSサービスのほか、KubernetsやDocker、脅威インテリジェンスといった最新技術の導入トレンドを多数のグラフで紹介。さらに、クラウドアプリケーションの開発から運用までライフサイクル全体を監視・分析できるプラットフォームの重要性を説く。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。