資料の紹介

 「顧客が注文内容を変更した」「サプライヤーの納品が遅れた」といった日々の問題から、「台風が工場に接近している」「新型コロナのために工場の生産能力が激減」といった非常事態まで、サプライチェーンは常に変動に見舞われている。そのたびに担当者は多大な時間と手間を費やして計画を修正し、影響を見積もり、経営層の指示を仰ぎ、関係各所と調整するが、そのうちまた別の変動がやってくる。

 不測の変動にどうやって対応するか。これはすべての製造業が避けられない永遠の課題と言っていい。しかし、従来のサプライチェーン・プランニング・システムでは、生産能力や在庫といった機能ごとの管理が主流であり、不測の事態による影響の全体像を見通して対応策を決め、迅速に実行することは難しい。

 本資料では、不測の変動に機動的に対応するためのプランニング手法「コンカレントプランニング」の考え方とその実現のための4つのステップについて、導入企業のビフォーアフターを交えて詳しく解説する。電子計測機器メーカー米KeysightTechnologiesはカリフォルニアで山火事が発生した際、この仕組みのおかげでサブライチェーンを止めずに済んだという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。