資料の紹介

 製品の機能や構造が複雑になる一方で、市場投入までの期間はますます短くなる傾向にある。しかし、製品品質を犠牲にすることは許されない。品質は企業ブランドに大きな影響を与える。こうした厳しい環境の中で高い市場競争力を維持するためには、製品に最適な自動テストシステムの構築が不可欠だ。

 新しい自動テストシステムへの移行にあたっては、費用対効果を押さえる必要がある。そのためには、システム開発から導入までの初期費用に加えて、その後の運用、保守費用までを含めた総所有コストを把握しなければならない。また、既存のシステムを改善しながら使い続ける場合との比較においても、製品の今後の需要予測などを考慮しながら、テスト性能(製品1台当たり何分でテスト完了するかなど)も含めて明確にすることが重要だ。

 本資料では、テストシステムの開発、導入から運用、保守までの総所有コストを、ツールによってモデル化する手法を紹介する。さらに、テストシステムを製造委託先に提供している企業を例にとって、新システムと現行システムの費用対効果を分析する方法について説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。