資料の紹介

 米IBMは信頼性の高いサーバーを開発するために、サーバー落下させて衝撃を与える試験を行っていた。例えば輸送中にサーバーが滑り落ちた場合にどこが破損しやすいかを確認し、明らかになった脆弱性を緩和し改良した設計を再試験するというプロセスを繰り返す。そのために、30~40回の試験サイクルを繰り返す必要があった。

 しかしこうした試験を実施するには消耗する製品、費やす時間、大掛かりな実験装置などが必要であり、大きなコストがかかる。IBMの開発チームは、このプロセスにかかる費用や時間を削減するために、シミュレーションによる落下試験を導入した。

 本資料では、こうした物理的な実験に代わるシミュレーションによる試験について解説する。3D CADデータを利用し、コンピューター上で仮想的な落下試験を行ったところ、物理的な落下試験から得られる測定値とほぼ一致することが分かった。さらに、30回以上の設計・試験サイクルを数週間で済ませることができた。これは物理的試験を実施した場合に比べ数分の1の時間であり、コスト削減だけでなく、製品開発を加速させ、設計サイクルタイムを短縮することが可能になったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。