資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛が求められる中でも、常に動き続け、私たちの生活を支えている物流システム。暮らしや仕事、医療といったさまざまな社会の営みを持続するために「止めない物流」の実現が求められている。

 物流システムで避けたい「突発的な故障」による停止は、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を用いた「予知保全」で防げる可能性がある。効果的な予知保全を行うには、解析対象となるデータの質がカギになる。また、物流現場での使い勝手やメンテナンスのしやすさも重要だ。

 本資料では、システム導入時の初期コストを抑えられる低価格のIoTセンサーユニットを紹介する。物流機器を製造・提供している企業が、現場と設備に関する長年の知見に基づき、予知保全に必要と考えた機能だけを凝縮し、開発した製品である。物流機器や製造加工機器の保守業務の担当者や、設備保守の効率化を提案する業務の担当者にとって、有益な情報が得られる資料といえる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。