資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響により、多くの企業が在宅でのリモートワークを実施している。ビジネスチャットツールの導入に踏み切った企業も多い。ただ、検討に使える時間が少なく、混乱も起きているようだ。本当に自社に合ったツールなのか確信できぬまま、ビジネスチャットツールを使っている企業は少なくない。

 リモートワークを支えるITツールのなかで、ビジネスチャットツールは特に重要な役割を果たす。一方で、セキュリティーは大丈夫なのか、組織横断で活用できるのか、コストは見合っているのか、既存のツールと連携できるのか――などの懸念事項がある。今後も継続的にリモートワークが必要になると考えると、懸念事項をクリアにしたビジネスチャットツールの選択が重要になる。

 本資料はこうした観点から、ビジネスチャットツールに求められる4つの観点を整理している。中長期的に考えたとき、どのビジネスチャットツールを選ぶのが安心で合理的なのかを判断する材料となるはずだ。リモートワークを実施済みの企業も、これからという企業もぜひ参考してもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。