資料の紹介

 日本の製造業の様々な分野・業種で、人手不足が深刻な問題になっている。しかし、組み立て、検査、点検、梱包といった多くの工程が、人の手や目に依存しているのが現状だ。こうした作業は属人化しやすく人材育成が重要だが、それもままならない。

 人手不足を補う方法として、AI(人工知能)やロボットを用いた無人化や、機械による自動化がある。しかし、様々な製造工程の中には、無人化や自動化を実現しにくい工程がある。代表例が検査工程。パターンが明確で画像解析技術が活用しやすい位置決めや計測とは異なり、検査工程における良品・不良品の判断は基準が複雑になりやすいからだ。そこで注目されているのがディープラーニング(深層学習)による画像解析である。学習を重ねることで、人と同じように微妙な違いを読み取り、高精度の検査を可能にする。

 本資料では、100枚程度の学習用画像、数分の学習時間、GPUカード1枚程度のコンピューターでディープラーニングによる検査の自動化を実現するソフトウエアを紹介する。特別な知識を持たない人が扱えるように工夫した上に、従来の画像分析システムとの使い分けを可能にするなど、製造現場に導入しやすくしたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。