資料の紹介

 3Dプリンターを使って部品などを製造する積層造形は、製造プロセスを変革する画期的な技術だ。現地で部品を製造すれば輸送する必要がなくなり、時間とコストを削減できるなど、積層造形には競争力を高めるなど多数の利点がある。ところが、積層造形は従来の射出成形などとは製作方法が大きく異なるため、これまでとは違うアプローチが必要になる。それが普及のネックになっていた。

 こうした状況が現在、急速に変化し始めた。テクノロジーやソフトウエア、材料などの関連要素の進化により、積層造形の能力を活用しやすい環境が整ってきた。中でも、設計は積層造形プロセスで最も重要なステップの1つである。

 本資料では、直感的な操作で3Dプリント製作に最適化した部品設計を可能にする3Dツールについて解説する。プリントしようとするものがプリンターの解像度に対して小さすぎるとプリント不能になる。大きな平面は反りが生じやすいため、こうした場合は反りやひずみも考慮する必要がある。プリントに進む前に、これらの問題を簡単に管理、特定、修正するツールを利用することで問題を回避できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。