資料の紹介

 サーバー、ストレージ、ネットワークを仮想化技術で一体化した製品が「ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー(HCI)」だ。拡張性が高く、運用が楽なことから、テレワークに欠かせない仮想デスクトップや、デジタルトランスフォーメーション(DX)の中核となるレガシー刷新、サーバー統合に向いた基盤として注目度が高まっている。

 HCIはリソースが足りなくなれば、新しいハードウエアを追加することで、容易に利用可能となる。障害発生時に自動復旧する製品も少なくない。一般ユーザーはHCIの裏側にある技術を意識せずとも便利に使えるが、IT部門は基本的な知識を押さえておく必要がある。知識がないと正しい導入判断ができないし、効果的な活用方法も分からない。

 本資料は、CIOやCTO、ITディレクター、テクニカルマネジャーなどに向けてHCIの基本を解説している。HCIの構造、仮想化の課題、SDI(Software-Defined Infrastructure)など、HCIに関する基本的な知識が整理されている。平易な記述でHCIの分かりやすい入門書となっているので、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。