資料の紹介

 外出が多く経費精算が滞りがちな営業部と、経費精算を短時間で済ませて締めの処理やレポーティングに取りかかりたい経理部。「いくら外出が多いとはいえ怠慢過ぎる」「細かいルールや締め切りのことばかり。頭が固すぎる」などと、経費精算をめぐって両者が対立してしまっている企業は少なくないだろう。

 この問題を解決するには、営業部も経理部も楽になる仕組みが必要だ。例えば、外出先からスマートフォンで経費精算を申請できれば、提出漏れや締め切り日直前の駆け込み処理を減らせる。交通系ICカードやクレジットカードなどの明細データの自動取込、紙の領収書から文字データを読み取る仕組みがあれば、どちらも入力・確認の手間を大きく省ける。

 本資料では、営業部と経理部が抱えるさまざまな不満を解消しながら、経理処理を大きく効率化できるというクラウド型の経費精算サービスを紹介する。ERP(統合基幹業務システム)や会計システムなどと連携させ、仕訳データや各種マスターデータを共有すれば、さらなる効率化が可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。