資料の紹介

 デジタル変革に取り組む企業の間で、人工知能(AI)をロボティックプロセスオートメーション(RPA)に組み込んだ「インテリジェントオートメーション(IA)」が注目されている。IAで一連の業務プロセス全体を自動化することで、効率や生産性の向上、運用コスト削減、顧客体験の改善などが期待できるからだ。

 IAの導入は当初、主にオンプレミスで行われていた。しかし、オンプレミスでIAを展開する場合、リソース計画やコスト管理の難しさ、インフラの構築に専門性を要することなどが、導入効果を押し下げる大きな要因になっている。

 本資料では、これに代わる選択肢としてクラウド型IAを提案、その導入モデルやメリット、主なリスクなどについて解説する。インフラへの先行投資を低水準に抑えるほか、Webベースの管理ツールにより運用コストを最大50%削減、さらにボットの開発から実稼働までの所要時間も最大30%短縮できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。