資料の紹介

 新型コロナウイルス対策として、テレワークを導入する企業が急速に増えている。そこで活躍するのがクラウドサービスだ。多くの企業がWeb会議をはじめとするクラウドサービスを活用して、テレワークを推進している。

 その結果、企業が使うシステムの構成が複雑化している。全てのシステムでクラウドに移行するわけではないからだ。特に基幹系システムの多くは、従来通りオンプレミスで運用される。オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境が、以前にも増して当たり前になりつつあるのだ。さらに、複数のクラウドサービスを組み合わせるマルチクラウド化も進んでいる。

 こうした状況で問題になるのが「ログ管理」だ。システム異常のチェック、不正アクセス検知、監査対応などでログ管理は欠かせない。ところが、オンプレミスとクラウドでログが分断され、ログの収集・管理はますます困難になる。この問題を放置すると、企業はセキュリティーやガバナンスの重大な問題に直面する可能性が高い。本資料では、問題の緊急性・重要性とともに、具体的な解決策を提示する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。