資料の紹介

 新型コロナウイルス対策として、様々なクラウドサービスを組み合わせてテレワークを推進する企業が増えている。これまでも、働き方改革やBCP対策でテレワークを導入する企業はあったが、今回のコロナ禍で導入が一気に進んだといえるだろう。ただし、コロナ後もテレワークを維持するなら、解決しなければならない問題がある。それが、労働時間の管理と情報セキュリティの確保だ。

 働き方改革法案では、時間外労働の上限が設けられている。このため企業は、従業員の労働時間を正確に把握しなければならない。それはテレワークでも同様だ。ところが緊急事態の現在、テレワーク時の労働時間を正確に把握する仕組みを導入している企業は、けっして多くないだろう。さらに、セキュリティの確保も不可欠だ。オフィス外に居ることでセキュリティ意識が低下し、機密情報や個人情報が漏洩するような事態は、絶対に防がなければならない。

 本資料では、その対策を講じる有力な手段となる操作ログ管理について解説している。モバイル/在宅/サテライトオフィスなど、様々なテレワーク環境で従業員の労働時間を正確に把握し、セキュリティを確保する具体的な対策を、今こそ確認しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。