資料の紹介

 サーバー仮想化は多くの企業に普及し、企業内のサーバールームやデータセンターでは仮想化された多数のサーバーOSが稼働している。こうした仮想化環境にある大量のソフトウエア資産を最新の技術に合わせていかに最適化するかが、情報システム部門にとって喫緊の課題になっている。

 この課題を解決するにあたり、物理サーバーのリプレースとともに、パブリッククラウドの利用についても併せて検討する企業は多い。しかし、クラウド移行のメリットは分かっているものの、コストやセキュリティなどさまざまな要因のために、検討段階から先に進めずにいる企業もまた多いのが現状だ。

 クラウドへの移行は一気に進めるよりも、ハードウエアの更改などに合わせて少しずつ移行させるのが無理のないやり方と言える。本資料では、オンプレミスのVMware環境をクラウドに無理なく移行するためのポイントを詳細に解説するとともに、柔軟な移行を可能にするクラウドサービスの特徴と実際の移行事例を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。