資料の紹介

 新型コロナ対策としてテレワーク/在宅勤務の実施が急増している。IT導入補助金などの支援も用意されているが、急ごしらえのテレワーク実施にIT担当者の悩みは尽きない。代表的な課題としては、「労働時間の管理」「従業員のIT環境の整備やサポート」「オフィス外でのセキュリティ確保」などが挙げられる。

 例えば、「従業員の勤務実態が見えず、サービス残業など労務的な問題が生じるリスク」「従業員のネットワーク・PCトラブルの対応に追われ、ヘルプデスク業務が逼迫する」「シャドーITによる情報漏えいや社外ネットワークを通じたマルウェア感染へのリスク」といった課題を抱え、業務過多になり疲弊しているIT担当者も少なくない。

 本資料では、テレワーク導入・運用における3つの課題、これらを解決する3つの対策を47ページにわたって紹介する。また、テレワーク導入補助金についても要点をまとめた。テレワークの課題解決の鍵はエンドポイントの統合管理とITマネジメントである。コロナ禍を契機にテレワークの本格導入をもくろんでいる企業には参考になる点が多いだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。