資料の紹介

 業務効率化を阻む大きな壁となっているのが、紙の書類だ。紙の帳票を見ながら文字をシステムに打ち込む業務は、今も多くの日本企業に残っている。コロナ禍でリモートワークが急増している状況では、以前にも増して紙の書類を処理する業務が重荷になっている。

 現状打破の手段として期待されるのが「OCR(光学的文字認識)」である。書類をスキャンしたりカメラで撮影したりして、文字を認識してテキストデータにする。かつては定型フォーマットの帳票、きれいなフォント、ゆがみのないスキャンでないと文字認識ができなかったが、OCRにAI(人工知能)を活用する「AI-OCR」へと進化して状況は一変。今では、スマートフォンのカメラで撮影した手書き文字をテキストデータにすることすら可能になった。

 AIの進展とともに文字認識の精度、悪条件下での読み取り能力は日進月歩で向上している。本資料は、そうした最新のAI-OCRについて解説している。テキスト化したデータはAPI連携で業務システムに自動入力することもできる。紙の書類にかかわる業務に悩む多くの企業にとって参考になるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。