資料の紹介

 IT環境が複雑化するなか、仮想化環境でOracle Databaseを利用する企業が直面しているのが、ライセンス使用許諾を正しく理解して運用することの困難さである。結果として、ベンダーの監査結果や包括契約提案などを受け入れてライセンスコストの大幅な上昇を許容せざるを得ないケースが増えている。

 特に大きな「ズレ」が生じているのが、共有ストレージや、VMwareのvCenter環境におけるライセンス消費の解釈だ。ときには現状の数十倍から数百倍ものライセンス数を要求されることもある。ユーザーは主体性をもって適切にライセンスを管理すると同時に、使用許諾条件を正しく理解してベンダーと対等に交渉できる力をもたなければならない。

 本資料では、Oracle Databaseを導入している企業の管理担当者や管理部門向けに、同製品のライセンス契約に関するリスクや課題をポイントごとに整理。そのうえで、具体的な解決策として「ライセンス棚卸し分析」を実施するサービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。