資料の紹介

 トヨタ自動車(トヨタ)は世界各地に生産拠点を展開している。これらを統括する部門では、生産ラインの新規導入や改修、メンテナンスなどを実施する際、担当者が現地に赴いて作業確認を行う。トヨタの各拠点では機密管理が厳重に行われており、カメラの撮影など情報漏洩につながる行為やソフトウエアの使用は一切禁じられている。機械の不具合やトラブルが発生すれば、現場に赴いて直接確認するしかない。そのために多くのコストや時間がかかっていた。

 こうした課題をセキュアに解決するために、トヨタではさまざまなソリューションを検討した。その結果採用したのが、ビデオ会議をベースにした情報共有ソリューションだった。

本資料では、トヨタがこのソリューションをどのように採用し、活用しているのかについて解説する。利用者は、ビデオで会話しながら、ライブ共有ビューで注釈を描画することができる。セキュアな環境で接続でき、端末の中にデータを保存しないようにアプリの仕様をカスタマイズすることで社内の機密管理ルールに適合させることができたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。