資料の紹介

 顧客ニーズの多様化が進み、新製品を短期間に次々と投入することが増えてきた。製造業の現場には、多品種・少量生産に対応した新しい体制が求められている。従来は、例えば新しいボトル形状の飲料の新製品を発売する場合、まずボトル形状に合わせた設備を試作し検証してから、量産に移行していた。しかしこれでは、市場の求める迅速な対応は難しい。

 そこで、実際の機器や設備を稼働データとともに仮想空間上でシミュレーションモデルとして構築する「デジタルツイン」が有効となる。デジタル環境下で3次元設計を行うことで、設計内容が見えるようになり、機械設計と制御設計の連携開発もしやすい。また、動作を仮想環境下でシミュレーションすることで、設計初期からの様々な検証や課題解決が可能となる。設備の生産能力も事前検証できるため、生産ラインの計画的な割り振りも容易になる。

 本資料では、毎月様々な形状の新しいボトル飲料を生産するメーカーや、個別医療の普及で新しい生産設備の受注が活発な製薬機械メーカーにおける、デジタルツインの導入事例を紹介する。効率改善や生産性向上の効果について現場の声を交えながら解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。