資料の紹介

 サイバー攻撃から自社を守ることは、すべてのIT部門にとって最重要ミッションだ。さらに、テレワークやクラウド利用の推進などによりIT環境が変化する一方で、攻撃手法はますます巧妙になっている。エンドポイントのセキュリティを強化せよと言われても、限られたコストと人員でどうすればよいのか、と悩むIT部門は多いだろう。

 実際、多くの攻撃者が日々セキュリティ製品の抜け道を研究し、新しい攻撃手法を生み出している。最近では「ファイルレス攻撃」など、従来型のウイルス対策製品では検知・防御が不可能な手法も台頭しているため、侵害されても気づけないケースが増えている。また、従来型アンチウイルスではインシデント発生時に侵入経路を特定できないため、対処・復旧が難航するケースも多い。

 本資料では、エンドポイント防御について押さえておくべきポイントを整理し、投資コストを抑えながらセキュリティ強化を始められるというクラウド型のソリューションを紹介する。多様な検出方法による検知・ブロック、インシデントやマルウエアの挙動の可視化といった標準機能のほか、オプションで端末のネットワーク隔離と遠隔操作を即時実行する機能も提供する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。