資料の紹介

 製造業の企業において、デジタライゼーション(デジタル化)は必須の取り組みになっている。生産性や効率の改善はもちろん、将来のビジネスモデルの基盤を構築し、競争優位を獲得するためにも、デジタライゼーションは必要不可欠だ。

 製造業のビジネスの中心は、単なる製品の販売から、製品とともにそこから派生するサービスの提供へシフトしている。その中で新しいビジネスモデルを生み出す上では、デジタルプラットフォーム上で運用データを収集・分析することが重要な役割を果たす。このようなプラットフォームは、将来の「デジタルファクトリー」の基盤になる。

 本資料では、こうしたデジタライゼーションのメリットと先行事例について解説している。例えば、ある大手の航空機製造会社は、世界中の複数のベンダーから供給される部品のサプライチェーンを管理するために、デジタライゼーションを活用している。クラウドベースのスマートツールを利用することで、精度や透明性の高い情報共有が可能になる。これによりコストやエラーを削減できるという。米ボーイングなどの航空機製造企業ではデジタライゼーションにより、市場投入期間を50%以上も短縮している例もあるとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。