資料の紹介

 デジタル化の波は、製造業の世界にも大きな変革をもたらしている。製造業におけるデジタル化とは、インダストリアルIoT (Industrial Internet of Things) を活用して、製品から工場、システム、機械に至るすべてのデータを一元的に集約し、分析および可視化するものだ。これにより、生産性と効率性の改善、新しいビジネスモデルの開発といった様々なメリットが得られる。

 一方で、デジタル化に取り組んでいる企業は、接続基準も共通の接続方法もない設備や機器を一元管理しなければならないという問題に直面する。プロトコルの異なる各種の設備機器を迅速かつセキュアに、そして低価格で接続できないことが決定的な障害となっていた。

 本資料ではIoT向けに開発された、クラウドベースのオープンなオペレーティングシステム(OS)について解説する。このOSでは、複数のプロトコルをサポートしており、物理システムからWebベースシステム、企業の基幹システムまで、あらゆるシステムを中央で一元的に接続できる。接続の課題を独自の方法で効率化し、簡単にすることで、企業のデジタル化を支援する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。