資料の紹介

 ビジネスを支えるIT環境は、常に多くのリスクにさらされている。巧妙な文面のメールで添付ファイルやリンクをクリックさせる「標的型攻撃」、金銭などを目的とした「ランサムウエア」などの悪意ある行為はもちろん、社員の過失や認識不足による情報漏洩など内部に潜むリスクも無視できない。

 だがセキュリティ対策の重要性は認識していても、多種多様なリスクへの備えを固めるのに、何から着手したらいいのかと悩む企業は少なくない。対策を講じずにいれば、サプライチェーンの“アキレス腱(けん)”として攻撃の足がかりにされ、顧客や取引先も巻き込んで企業としての信用を失う結果になりかねない。

 本資料では、こうした企業の悩みを解消するために、内外の脅威への対策、内部での感染拡大防止のほか、標的型メール訓練による社員の意識向上、24時間365日の遠隔監視とサポートなどを組み合わせた複合的な対策ソリューションを紹介する。利用するツールや料金も確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。