資料の紹介

 新型コロナウイルス対策として、急激に広がったのがリモートワークだ。自宅でもオフィスと同様に仕事ができる環境を実現するため、多くの企業がIT環境の整備を急いだ。しかし、そこで明らかになったのは、従来のセキュリティ対策の限界だ。

 これまでの企業のセキュリティ対策は「境界型」だった。社内と社外の境界に強固な壁を作って、社内を安全に保つのが基本的な考え方だ。しかし、リモートワークの本格化とともに境界型は使いづらくなっている。社内外を問わず、あらゆる場所で高いセキュリティを実現しなければならないからだ。そこで登場したのが、新しいセキュリティの考え方「ゼロトラスト」である。

 本資料では、ゼロトラストの考え方を分かりやすく解説。そして、多くの企業がリモートワーク実現のために導入しているVPNの問題点も指摘する。そのうえで、ゼロトラスト時代に最適なリモートワーク環境を、新たなハードウエアを導入せずに構築する方法を提案する。リモートワーク環境をVPNの増強で構築しようとしているなら、ぜひその前に目を通したい内容となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。