資料の紹介

 ビジネスの変化に迅速に追随するというニーズの高まりを受け、アプリケーションを短期で開発し現場に展開する手法としての「DevOps」に、ますます注目が集まっている。支援ツールも増え、かつては技術者だけの専門用語だったDevOpsは、今や経営層も使う言葉になってきた。

 その一方で、DevOpsの実践で課題に直面する組織は少なくない。現場の実務担当者と、意思決定者(経営層)の間で、成果を測定する方法について認識のズレが生じることもある。DevOpsはすでに「やるかやらないか」ではなく、「いつやるか」という段階に入ったと言えるが、その道のりは決して平たんではない。

 本資料では、企業におけるDevOpsへの取り組みに関する最新のアンケート(2020年2月実施)結果を紹介する。DevOps導入の実態に加え、成功要因や直面した課題、ツールや文化が仕事にもたらした影響について、IT部門の実務者や管理職500人に尋ねた。2年前に実施した結果と比較しながら分析している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。