資料の紹介

 製品設計・開発の現場では、これまで以上にコストの削減や開発期間の短縮が求められている。例えば自動車産業では、機能や構成がますます複雑になり、多様化する中で、自動運転車や電気自動車、各種通信といった最新技術にも素早く対応していかねばならない。

 こうした課題を解決する方法として、製品設計の初期段階からシミュレーションを取り入れるモデルベース開発(MBD)がある。システムの機能をモデルとして扱い、シミュレーションを駆使して、設計から試作へと至る開発プロセスを進める手法だ。不具合の早期発見と対策、下流工程からの手戻り低減、設計変更に対する影響度合いの事前確認などのさまざまな効果が期待できる、製品開発のフロントローディング化を実現する。

 本資料では、世界で900社以上の導入実績を持つシミュレーションツールを取り上げる。MBDによる開発フロー、モデルの作成・活用方法に加えて、サンプルモデルによる解析事例や、ライブラリーを利用したモデル化事例を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。