資料の紹介

 実物の部品を物理的に測定し、その寸法を製品設計のための情報として利用する「リバースエンジニアリング」。古い部品や金型からCADデータを再構築したり、既存製品にフィットする新しい部品を設計したり、物理的な部品をCADに変換し、それを編集して新製品を設計したりと、その応用範囲は幅広く、導入するメリットは大きい。

 しかし、その測定をマイクロメーターやノギスのようなハンドツールで行うのであれば精度を確保できない。3次元測定機やポータブルアームはハンドツールよりも正確だが、測定に時間がかかる上、飛び飛びの寸法値を得られるだけで全体像をつかみにくい。そこで3Dスキャナーを使用すれば、連続したモデルデータを高速に取得できる。ところが、ほとんどのCADソフトウエアでは、3Dスキャンしたデータセットを処理できない。

 本資料ではこうした課題を解決する、専用のリバースエンジニアリング用ソフトウエアについて解説する。スキャン処理とCADが1つになった専用ソフトを使うことで、大容量のスキャンデータを短時間で処理することができ、普段使っているCAD環境に、データをシームレスに転送できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。