資料の紹介

 100年に一度の変革期にあると言われる自動車産業。変革の代表例が自動運転である。その開発におけるテストや検証に必要なデータ量は増加の一途をたどっている。

 自動運転車の実用化が承認されるには、公道での約2.4億kmもの試験走行が必要とされる。試験走行する車からは通常1日に約10T~20TBのデータが得られ、高度なセンサーを搭載している場合にはそれが100TBにまで増加する。データアップロードに1週間から数カ月かかるため、試験車が試験走行に戻るまでの待機時間も長くなってしまう。

 本資料では、こうした問題を解決するデータセンターソリューションについて解説する。以前は、1日に30台の試験車から収集された約19TBのデータを1G~10Gbpsの帯域の専用線でアップロードした場合、送信に6~47日間かかり、1日で処理可能なデータ量は5台分が限界だった。一方、今回のソリューションではセキュアな閉域接続を介して14時間でアップロードが終わり、1日に49台分ものデータを処理できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。