資料の紹介

 テレワークを常態化して、それを「ニューノーマル」の働き方にしようとする企業が増えている。自宅や社外で働く社員が、過去と比較にならない規模で拡大するのだ。テレワークの常態化でビジネスを減速させないためには、業務効率の向上につながる「攻めのテレワーク」が必要になる。

 攻めのテレワークを実現するには、ストレスなくアプリケーションやデータにアクセスするためのIT基盤が欠かせない。実現手段として注目を集めているのが「デジタルワークスペース」である。場所やデバイスに寄らず、セキュリティと利便性を両立しながら業務アプリケーションを利用できる環境を構築するプラットフォームだ。

 デジタルワークスペースを活用し、計画的に「攻めのテレワーク」を実現できると何を得られるのか。本資料は3つのメリットを紹介し、メリットを享受するためにすべきことを解説している。新しい働き方を模索する企業なら、必ず目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。