資料の紹介

 働き方改革やクラウドの普及によって企業のIT環境は激変した。今求められているのは、いつでも、どこでも、あらゆるデバイスから業務システムが使えるようにすることだ。それに伴い、従業員がシステムやサービスを安全・確実に使えるようにするためのIDやアクセス認証の管理の見直しが急務になった。

 そこで注目が高まっているのが、IDやアクセス認証を統合管理する「IAM(Identity & Access Management)」である。クラウドとオンプレミスにまたがってID管理や認証を統合できるので、セキュリティやガバナンスの向上に役立つ。だが、IDの一元管理、人事データベースとの連携、プロビジョニングに加え、クラウド対応のシングルサインオンなど多くの機能が必要になるため、導入をためらう企業も少なくない。

 本資料では、こうした企業に向けて、IAMの必要性を市場動向などに基づいて解説したうえで、IAMの導入・選定における重要ポイントを説明する。あわせて、ハイブリッド環境でのID・アクセス権限管理からアクセス制御までを一括して行えるIAMソリューションを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。