資料の紹介

 オンプレミス環境で運用しているITシステムをクラウドに移行する企業が増えている。全システムの作り直しは現実的ではないため、ほとんどの企業は既存システムを生かしつつ、俊敏性、柔軟性、拡張性を備えたシステムをクラウド上に構築しようと考える。ただ、限られたコストの中で、これを成功させるのは容易ではない。

 では、そのために必要なことは何か。予算の確保、移行戦略の策定、移行後の環境運用などで、クラウド移行の難所をクリアできるように計画を立てることだ。本資料では、その際に押さえるべき4つのポイントを提示している。ポイントを押さえて正しい投資をすることが、クラウドへの移行を成功させる条件となる。

 さらに本資料では、VMware vSphereベースのサーバー仮想化環境をクラウド化する具体的な方法も提案する。現在、サーバー仮想化環境でオンプレミスのシステムを運用している企業にとっては、そのクラウド化の道筋が明示された分かりやすいガイドとなっている。ぜひ確認しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。