資料の紹介

 VPNはテレワークを実現するための代表的な技術だ。インターネット上に暗号化されたトンネルを用意し、仮想的なプライベートネットワークを構築する。社外から社内ネットワークに安全に接続する技術として、多くの企業が活用している。新型コロナ禍でリモートワークのニーズが高まり、VPNの強化に取り組む企業も多いはずだ。

 ただし、VPNには課題もある。特に安定性と通信速度の課題を指摘する声は多い。例えば、無線LANと携帯電話データ通信の切り替えなどで通信が途切れると、VPNが切断されたりする。そのたびにVPNに再接続して、アプリやサービスへの再ログインが必要になる。通信速度が遅いせいで、ビデオ会議でノイズや音声切れが生じる場合がある。DaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)や仮想デスクトップの動作が重くなったりもする。

 しかし、VPNの技術は進化している。最新のVPNは速度と安定性の問題をクリアし、「切れない」「速い」を実現している。本資料は、最新のVPNの特徴と仕組みを解説している。リモートワーク実現のためにVPN強化を検討しているなら、ぜひ目を通したいネットワーク技術の最新情報だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。