資料の紹介

 新型コロナウイルス対策で、多くの企業がテレワークを実施している。ただ、十分な準備をできずに見切り発車となった企業も少なくない。withコロナ時代を見据えるなら、「端末の紛失・盗難や情報流出が不安」「会社宛ての電話を取れない」といった課題を解消したテレワーク環境の再構築が必要になる。

 セキュリティについては、情報漏洩リスクの低減と良好な使い勝手の両立が肝要だ。これには業務用アプリのデータを端末に保存させずに運用できるMAM(モバイルアプリケーション管理)の活用が効果的となる。さらにMAMと連携する仮想デスクトップを利用することで、社内システムへの安全なアクセスも可能だ。ビジネス電話については、公私分計や転送設定が容易なサービスを使うことで、会社宛ての電話を社外で受けられるようになる。

 ただし、リモートワークに必要な仕組みをバラバラに導入すると、コストがかかるし管理も煩雑になる。そこで本資料では、これらを一括導入し、「人」を中心としたワークプレースを実現する方法を解説する。テレワーク環境の実現方法として、ぜひ参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。