資料の紹介

 製造現場では、「装置が意図通りに動作するかを稼働開始前に検証したい」「製造過程で収集したデータに基づいて工場を最適化したい」といったニーズが高い。そこで期待されているのがデジタルツインの活用だ。現実世界の工場のデータから、仮想空間上に現実と双子のようなコピー環境を再現し、シミュレーションを行う。

 工場全体を最適化するためには、まずその全容を把握し、分析する必要がある。しかし、実際の製造現場、特に大規模な工場では様々な要因が複雑に影響し合っており、その状況を整理しながらデータを収集し、状況を分析するには膨大な時間と労力がかかる。

 本資料では、複雑な製造現場の状況把握から最適化までを支援するツールの活用法を解説する。工場の稼働率や生産性から、製造コストや消費電力を可視化する。製造過程で得られたデータはAI(人工知能)を用いて解析し、様々な状況を想定した予測も踏まえて最適解を自動算出する。そして生産管理システムなどと連携しながら、現実環境を十分に反映したデジタルツインを構築し、工場の最適化を進める手法を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。