資料の紹介

 現実世界のデータに基づき、仮想空間上に現実と双子のようなコピー環境を再現するデジタルツイン。製造業の現場にこのデジタルツインを導入し、仮想環境や現実環境で評価・分析することによって、生産機械や工作機械などの製造設備の様々な性能課題を改善できる。

 重要なことは、設備の導入前に仮想空間での性能評価を行うことで、最適化を進めることである。これにより、例えば、生産性や信頼性の向上、省電力化、新技術の導入など様々な要求に対応することができる。また、製造現場で発生する騒音や振動の問題を解決に導くことも可能だ。現実空間で情報収集を行い、そのデータを分析することによって、原因解明が容易になる。

 本資料では、製造現場のデジタルツインを支援するツールのうち、性能改善に向けた機能について紹介する。生産・工作機械などの製造設備の導入に向けて具体的な機能や性能検討を支援するツール、同時に発生する様々な物理現象を考慮した設備動作検証を支援するツール、稼働前実験時や稼働後に収集されたデータを可視化して様々な角度から分析するツールなどを活用することで、製造設備の性能改善が可能になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。