資料の紹介

 自社のターゲットとなる顧客のニーズを理解し、ニーズに合った製品やサービスを、顧客が欲するタイミングで提供する。これができれば、企業のビジネスはおのずと拡大する。顧客ニーズの理解には、顧客のデータが欠かせない。そして、顧客のデータを収集・管理するための中核となるのが「顧客のID」だ。

 ここで課題になるのが、顧客のIDを適切な方法で管理できるかどうか。まず、社内の従業員のID管理と同じ方法は利用すべきでない。ビジネスの成果を出しづらいうえ、コンプライアンスリスクがあるからだ。顧客のIDは数が多いうえ、モバイルの普及などで購買行動が複雑化している。また、GDPR(EU一般データ保護規則)をはじめ、プライバシーやデータ保護に関する法規制が多数ある。

 本資料では、「顧客のID」の管理を想定した新しいID管理手法「CIAM(Consumer Identity and Access Management)」について解説する。管理対象のIDが膨大であり、システム障害や情報漏洩が致命的な損失につながりかねないという、顧客ID管理特有の事情に合わせた特化型のソリューションだ。安全性と価値の最大化を両立するID管理の方法を確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。