資料の紹介

 いまや働き方改革は、あらゆる企業が取り組むべきテーマだ。それにはITの活用が欠かせない。さまざまなITシステムを使って業務を効率化・自動化しなければ、改革は成功しない。ただし、そこで忘れてはならないのが、働き方改革の対象にはIT部門も含まれていることだ。

 どんなにITを導入・活用しても、運用が業務ごとにサイロ化されていたり、情報が散在していたりすると、IT部門の働き方改革は進まない。例えば、システムに障害が発生したら、現状把握と関係部署への連絡、原因の分析、復旧作業などが必要になる。複数の運用ツールを使って手作業で実施していたら、IT部門の運用担当者はそれだけに忙殺されてしまう。IT部門が効率的に働けない状態は、関係するすべての部門の働き方改革も妨げることになる。

 本動画では、ITシステムの運用を一元化・全体最適化し、自動化する仕組みについて解説している。さらに、オフィスに出勤しなくても、リモートでシステムを運用する方法も説明している。働き方改革の鍵はIT部門が握っている。IT部門の働き方改革を実現し、企業全体の「働き方改革」を推進する方法として、ぜひ参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。