資料の紹介

 製造業の現場では、機械の急な停止は大きな損失につながる。それを防ぐためには日ごろのメンテナンスが欠かせないが、熟練者の経験と勘に頼らざるを得ないことが多い。また、万が一の事態になると困るので、まだ使えると分かっていても早めに部品交換することで余計なコストがかかるという悩みがある。

 こうした悩みを解決する手段として注目されているのがIoTだ。設備や部品にセンサーを設置し、常に機械の“健康状態”をモニタリングする。例えばある部品の振動が大きくなったなど、平常とは違う故障の兆候が現れるとすぐに知らせてくれる。しかし、「自社の機械にはどのようなIoT化がふさわしいのか分かりにくい」「思ったより費用がかかる」といった理由で、なかなかIoTの導入に踏み切れないケースも多い。

 本動画では、このようにハードルの高いIoTをワンパッケージで提供し、製造現場ですぐに使えるソリューションについて解説する。センサーからネットワーク環境までワンストップで提供するため、簡単に設置できる。また、サブスクリプション方式なので初期コストはゼロである。簡単かつ安価に、機械要素部品の健康状態を数値で見える化できるようになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。